ベトナムでは、経済成長により工業分野における新技術の開発と芸術分野における制作物が増加し、特許出願・商標登録、及び著作権保護のニーズが高まっている。ベトナム科学技術省知的財産局によると、2020年には、ベトナムでの特許出願 は7,694件、商標登録出願は55,579件であった。


一方で、知的財産法の有効性が諸外国と比べて低いだけでなく、国民の認知度も低く、更に法律改正が現在も継続的に行われている。産業貿易省によると、2020年には1,300件の知財侵害に対して、合計で250億ドン(約1,4億円、2022年5月のレートで約1円=178VND)以上の罰金が科せられた。このような状況下で、国内の発明家・企業は自分の技術を守れないだけでなく、海外企業からの信頼も低く海外との提携の足枷になっている。海外企業・ブランドにとっては、ベトナム知財法は改正や法律執行ガイドラインが多く、理解に時間がかかるため、ベトナム企業との提携、または技術や設備のライセンシングを難しくしている。


これまでの歴史に鑑みるに、日本とベトナム企業の関係がより親密になり、提携関係がさらに発展するのは確かである。したがって、ベトナムでの事業展開を実行する前に、ベトナムの知的財産法を理解することは、日本企業にとって大きなメリットになると考えられる。


本レポートでは、ベトナムでの事業展開・提携を検討中、将来検討したい事業会社向けに、特許法、商標法を含む工業所有権を中心に解説する。

目次

  1. 初めに
  2. 知的財産法の概要
  3. 特許法の概要
    1. 発明の定義・保護対象
    2. 特許要件
    3. 出願の流れ・手続き
    4. 特許出願数の推移
    5. 特許侵害係争の事例紹介
  4. 技術移転法のご紹介
  5. 商標法の概要
    1. 商標の定義・保護要件
    2. 出願の流れ・手続き
    3. 商標出願数の推移
    4. 商標侵害係争の事例紹介
  6. 終わりに
  7. 参考文献
  8. ティーエスアイ株式会社について

無料ダウンロード

    必須
    必須
    必須会社名
    任意部署
    任意役職
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    任意メルマガ登録 世界中の成長企業に関する最新情報やイベント情報を受け取る